持病や病気でも申込める保険、がん保険や医療保険などの保険比較・見直しなら、あんしん保険ドットコム。保険の無料相談・来店相談も行っております。

あんしん保険ドットコムホーム > アニコム損保のペット保険

アニコム損保のペット保険

ペット保険の社会的役割

1. 獣医師・飼い主に望まれるペット保険 

家族の一員として暮らしているペットが突然ケガや病気をしてしまったら。
そのような場合に備えておくのも飼い主の責任のひとつです。
特にペットには公的な健康保険の制度が無いので、潜在的に三つの不安を抱えていることになります。

第一に、日ごろ健康であったペットが急にケガや病気をしてしまったという心的ショック。
第二に、「治るだろうか?」「いくらかかるのだろう」という心的・金銭的な不安。
第三に、実際に治療を施した際の、金銭的な負担です。

ペット保険は、飼い主にとって心的・金銭的負担を軽減する手段といえるでしょう。
また、獣医師にとってもペット保険は大切な意義を持ちます。患者の経済事情を推し量り、最善の治療ができないことが多いためです。
ペット保険は飼い主の負担を軽減することで、飼い主、ペット、獣医師ともに作用し、最善の診療を施すことを助けています。

2. ペット保険から生まれる社会の好循環

ペット保険の目に見える役割は、ペットを飼う家庭の経済的負担を軽減するということです。しかし、それだけではありません。費用の部分にとどまらない大きなメリットがあるのです。

ペット保険に契約して診療費の負担が少なくなることで、動物病院に行きやすい環境になり、早期の来院が可能になります。それによって、病気の早期発見・早期治療がかなうのです。

また、来院するペット数、疾患数が多くなれば、それだけ獣医師の臨床の機会が多くなり、医療知識や技術が向上します。
さらに、動物病院間の切磋琢磨にもつながり、設備やサービスなど、より良い動物医療環境が整備されていくでしょう。すなわち、動物医療を守り、 人にとっても経済的、社会的な「安心」を生み出すことにつながります。社会的な好循環が繰り返される環境が生まれてくるのです。

3. 早期発見・早期治療

診療費を気にかけることなく、必要を感じたときにはすぐにペットを病院に連れて行きたい
―そんな気持ちから、ペット保険の契約者が増えています。

診療費用を全額自己負担せずに済めば、病院に行きやすくなります。それは、病気の早期発見・早期治療につながるので、結果的には治療のための時間も費用もより少なくて済むということにもなるのです。

また、保険を利用すれば、費用の高い高度医療を選択しやすくなり、治療法の選択肢も広がることでしょう。それは、動物医療の発展にもつながります。

寿命の短いペットにとっては、人間にとっての1年が4年にも匹敵します。病院に行くのが1日遅れるとペットの症状はかなり悪化してしまうのです。保険を利用して、早めに受診しましょう。

アニコム損保のペット保険

ペット保険シェアNO.1の信頼

資料請求・Webお申込みはコチラから

おかげざまでアニコム損保は、我が国のペット保険市場において断トツのシェアNO.1!※
今後もペット保険市場拡大を牽引します。

どうぶつ健康保険制度確立への取り組み

アニコム損保は、創業以来わが国におけるペット保険市場の創造に努めています。

しかし、ペット保険の先進国であるといわれている英国等と比較すると、認知度・契約割合は依然として低く、成長途上の市場です。
わが国において、人間の健康保険制度が社会的なインフラとして確立されているように、「どうぶつ健保」対応病院において診療費から保険金を差し引いて支払手続きが完結するアニコム損保のペット保険が、いわば、どうぶつ健康保険制度として社会に広く認知・活用されるよう、取り組んでいます。

窓口精算システムとは

窓口精算とは

窓口精算とは、アニコム損保と提携する動物病院(全国で5,883病院。2015年12月末時点)の窓口で「どうぶつ健康保険証」を提示し、「保険契約の有効性確認」ができた場合、その場でお客様のご負担分(保険で支払われる金額を除いた診療費等)のみをお支払いただくシステムです。 後日、保険会社へ請求する手間が省けますので、とても利便性の高い仕組みです。

お申込みいただけるどうぶつ

犬・猫の2種類です。

※ 家庭で飼養されている愛がん動物または伴侶動物、身体障害者補助犬法に定める盲導犬、 介助犬および聴導犬が対象となります。

※ 事業用(繁殖用・興行用・闘争用・狩猟用等)の動物はご契約の対象となりません。

新規ご契約の対象年齢

(保険契約の始期日時点での満年齢)7歳11ヶ月まで

※ 原則ご継続は終身OK!
※ 継続契約の詳細につきましては、重要事項説明書をご覧ください 。

その他の条件

原則として、健康体であることが条件です。ただし、治療中のケガ・病気等がある場合でも、「そのケガ・病気は保険金のお支払いの対象外」とする条件(特定傷病除外特約)をつけてお引受ができる場合もあります。

お電話でのお問い合せ・資料請求も受け付けております。

お電話でのご相談